2021.08.17

振り返り企業調査  - 外国人学生の採用状況等について-

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)の研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、新卒採用(大学・大学院卒)に関する調査を実施しました。今回、調査結果の【外国人学生の採用状況等について】としてまとめましたので、ご報告申し上げます。

資料(PDF)にはグラフなども掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

 

サマリー

 
●外国人学生採用実施企業に、2021年卒外国人学生採用の2020年卒と比較した状況を聞いたところ、2020年卒と同程度以上(「増えた」+「同程度採用した」)は3割超え、「減った」は35.1%、「不明・未定」は32.2%であった。
 
●外国人学生の採用目的は、「特に区別していないが応募があり採用した」が6割を超えているが、「組織や人材の多様性推進のため」が半数を超えている。
 
●採用上の課題については、日本語能力の不十分さや社内の受け入れ体制に、半数以上が課題観を持っている。
 
●外国人学生に求める日本語能力について、最低限必要なのは「日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる(N2)」が最も高く、望ましいのは、「幅広い場面で使われる日本語を理解することができる(N1)」だった。
 
●外国人学生の入社後の活躍状況は、6割以上が活躍しているとの認識である。
 
●外国人学生を採用していない企業にその理由を聞いたところ、約半数近くが、社内の受け入れ体制の不十分さを挙げている。採用企業を含めて、社内の受け入れ体制が重要な要素となっている。

 

 

内容

 
1)外国人学生採用の2020年卒と比べた2021年卒採用状況 ・・・3
  従業員規模別、地域別 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
2)外国人学生の採用目的について ・・・・・・・・・・・・・・4
  従業員規模別、地域別 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
3)外国人学生の採用上の課題について ・・・・・・・・・・・・6
  従業員規模別、地域別 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
4)外国人学生に求める日本語能力について ・・・・・・・・・・8
  従業員規模別、地域別 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
5)外国人学生の入社後の活躍状況について ・・・・・・・・・10
  従業員規模別、地域別 ・・・・・・・・・・・・・・・・・11
6)外国人学生を採用しない理由について ・・・・・・・・・・12
  従業員規模別、地域別 ・・・・・・・・・・・・・・・・・13

 

調査概要

2021年卒の大学生・大学院生の採用活動振り返り調査:2020年実施調査

調査目的

新卒採用に関する企業の活動実態を把握する

調査方法

郵送調査・WEB調査

調査対象

全国の新卒採用を実施している従業員規模5人以上の企業 4577社

調査期間

2020年12月4日~2021年1月13日

回答社数

1398社(回収率30.5%)